ABOUT US

分会紹介

分会紹介

私たちは、全労協全国一般・全労働者組合FAユナイテッド分会です。
旧コンチネンタル分会の時代から皆さんの支援を受け、20年近くにわたって日本人労働組合の旗を守り、雇用を守ってきました。
しかし、合併後のユナイテッド航空は国籍差別(労働協約からのアメリカ国籍以外の排除)、組合差別(アメリカの組合ーAFA加入者以外の排除)によって私たち成田ベースの日本人客室乗務員を全員解雇しました。
表向きは「成田ベースの不生産性」ですが、自ら不生産性を演出し、その後の全乗務員の昇級、3千名以上の新規採用を見ても、「アメリカ・ファースト」=日本軽視の不当解雇である事は明らかです。
アジア路線は今後ともドル箱となりそうです。国境を越えて利益を得ながら、その内外に格差を設けることは国際的大企業として恥ずべき事ではないでしょうか。

組合結成

コンチネンタル航空に日本で採用された私たちには、アメリカ採用の乗務員が自動的にアメリカの組合に加入していたのと異なり、組合がありませんでした。90年代初頭に子会社化したコンチネンタルミクロネシア航空に移籍後の1998年、最長5年の契約社員化ーリストラ案が提示され、雇用を守る為に全労働者組合に加入し、全労・コンチネンタル分会として会社と交渉を始めました。すぐに仕事を取り上げられ不安な中、団体交渉、成田空港でのデモンストレーション(ニュースでテレビ放映されました)など必死で3ヶ月闘った末に、裁判に突入する直前に会社は譲歩し、正社員のまま原職復帰を勝ち取りました。組合に入らず諦めて辞めて行った同僚が居る中、私たちは初めて、組合活動を通じて自分たちの働く権利のために闘い、勝ち取るということを身をもって体験するとともに、職場を越えた合同労組の団結の力を感じる事が出来ました。

ワークシェア

9.11で不況に陥った航空業界。またも首斬り合理化の危機(会社は全職場で年功の低い者から5%を解雇すると発表。成田ベースでも5人が失職の対象となる)に直面しましたが、分会は仕事を分けあうこと(ワークシェアリング)で危機を乗り越える事を決意。それぞれ減収に耐えながら、10ヶ月後には通常の雇用体制に戻る事が出来ました。一人の解雇者も出さなかったのは全世界の中で私たちだけでした。この闘いもテレビや新聞で報道されましたが、日本人組合の旗を守り、仲間と結束して大好きな仕事を自分たちで守る、最初の争議の教訓を活かすことが出来ました。
しかし、こうした闘いや、日本の労働法制のアメリカとの違いを快く思っていなかった会社は、アメリカ本土の都合に合わせた、日本人組合=日本採用乗務員の排除へと舵を切って行きました。

全員解雇

米・ユナイテッド航空はコンチネンタル航空、コンチネンタルミクロネシア(CMI)航空3社の合併に際して、旧労働協約を盾に日本人成田ベースの路線業務を取り上げ「不採算」ベースの烙印を貼り、2016年3月31日をもって事業所を閉鎖、日本人客室乗務員のみを全員解雇しました。2010年の合併発表後は「3社の労働協約がまとまれば元の仕事に戻れる」と実態の無いCMI労務に発言させ、新労働協約では「アメリカ国籍でなく、またはアメリカの労働組合員では無い者は合併後のユナイテッド航空では働けない」と規定して、日本で採用され日本の労働組合に加入している私たちだけを排除したのです。合併後、ユナイテッド航空は過去最高の利益を計上、新規雇用を大幅に行っています。解雇権の乱用禁止や団交応諾義務などの日本の労働法を顧みず、「航空会社が合併する際には、会社の大小に関わらず、労働者に不利益が生じてはならない」とのアメリカ国内法をも無視するユナイテッド航空に『NEVER GIVE UP!』の声を届けます。(下の「恐怖のすごろく」を参照して下さい。)