GREETING

ユナイテッド闘争団 ご挨拶

日本で膨大な利益を上げアメリカ人の雇用を増やしながら、日本人客室乗務員の首切りを強行するユナイテッド航空。日本人労働組合との協議を一切行わず、国籍を盾に排除の論理を振りかざすその経営姿勢は、アジア人乗客を引きずり下ろし社会問題化した論理に繋がっています。私たちが空に戻る事は、「アメリカファースト」からの航路変更です。解雇撤回の闘いに皆さんのご支援をお願いします。

 
 

お知らせ

第22回成田就労要求行動予定 7月28日

成田空港京成第一ターミナル駅14時45分集合

裁判 第12回証人尋問

8月2日(木)東京地裁527法廷10時〜15時45分

会社側証人(日本人管理職)への主尋問(午前)、反対尋問(午後)。
事前に8時半から9時15分まで地裁正門前でビラ情宣行動を行います。

 
解雇当時、会社側(CMI)団交員として出席していた日本人管理職1名が証人として供述しますが、組合が要求しているアメリカ人上司団交員や、UAアメリカ本社の客室乗務員上級副社長の証人採用については、その採否の判断は持ち越されています。
 

裁判 第13回証人尋問

8月9日(木)東京地裁527法廷 13時15分〜17時

原告側証人(組合側2名、他1名)への主尋問、反対尋問。
11時30分から12時15分まで地裁正門前でビラ情宣行動を行います。

 
分会結成当時から団交に出席してきた三田団交員と当該である千田分会長が供述します。傍聴席を埋め尽くして組合の強い意志を示しましょう。
 

労働委員会 第8回調査期日

8月28日(火)都庁第一本庁舎南(S)塔38階 10時30分〜12時

UAの団体交渉拒否という明らかな不当労働行為に対して救済命令を求めて労働委員会で争っています。UA経営は日本人組合否認を改め、交渉のテーブルに直ちに着くよう強く要求します。

 
 

NEWS